メルボルンの天気は気まぐれ!?夏や冬に適した服装はコレ!季節別に解説します!

オーストラリアというと燦々とか輝く太陽とビーチ!!というイメージですよね。

でも実はオーストラリアって冬は寒いんですよ!

グレートバリアリーフが近いケアンズなどは熱帯気候なので一年中暖かいですが、オーストラリアでも一年中暖かい場所ってダーウィンとケアンズぐらいであとは普通に寒いんじゃないかな?

メルボルンはオーストラリアの中でも下にあるので当然寒いです。

ヒートテックは絶対必要。

まあ、日本の冬と変わらないと思っていただければ大丈夫ですね。

スポンサーリンク

メルボルンの天気は変わりやすい!

【メルボルンは1日の中に四季がある】と言われるほど気候が変わりやすいことで有名で、ほんの10分前まで青空が広がっていたのに、ちょっと窓に目をやると

すごい勢いで雨が降ってる!

なんてよくあります。

そして、数十分で雨も上がりまた青空に・・・

かなり気まぐれな天気。

南極から吹く風の影響や複雑な地形をしていることなどから、気候が安定しないと言われています(笑)

日中の気温差が10度近くなることもよくあってメルボニアンたちはクールチェンジと呼んでいます。

そんな気まぐれな天気もメルボルンの醍醐味とも言えますね。

ただ、一年を通して過ごしやすいですし、湿気がないので真夏の40度近い
日でも汗だくになることはありません。

だから熱中症になる人があまりいないんですよ^^東京の夏の方が、100倍過ごしにくいです。

昼と夜の寒暖の差が激しい

IMG_5411

これは真夏の天気予報なんですが、

月曜日は日中が31度

夜は13度まで気温が下がります。

火曜日は日中が38度と燃えるような暑さですが、夜は18度と20度もさがありますね。

このように昼と夜の気温の差が激しいので、夏でも一日中出かける日は長袖を一枚持っていると安心です。

雨がすぐ止む

p_hya_t-1wu-david-marcu

 

先ほども少しお話しましたが、天気が良かったのに急に雨が降ってきたりします。

でも誰も傘をさしません、それはなぜか?

すぐに止むから(笑)

折りたたみ傘を持って行ったほうがいいという話を聞いていたので、持って行ったのですが、一度も出番はありませんでした。

傘をさしてる人はほとんどいません。

冬は雨が多いのですがそれ以外は降ってもすぐ止むので、傘は必要ないと思います。

(というかちょっとくらい濡れてもいいかという気持ちになる^^)

四季別にメルボルンの特徴をみてみよう

メルボルンは四季がはっきりしていて、そういった意味では日本と同じような感覚で過ごせるかなと思います。

シティーに雪は降りませんが冬はスキーもできちゃいます。

それでは季節ごとのメルボルンの特徴をみていきましょう!

春(9月〜11月)

kbkyww6bg4k-melissa-askew

暑い日もありますが、長袖があれば問題無し、暑ければ一枚脱げるような服装がベストです。

あと、花粉症の方は要注意!

メルボルンは花粉がやばいです(笑)なんの花粉なのかはわからないのですが、ものすごい花粉が飛んでるんですよ。

道路に一面に花のつぼみ?みたいのがあってとにかく花粉がすごい。

メルボルンは公園もたくさんあり緑が多いため花粉がすごいことで有名です。

その影響なのかわかりませんが、咳が止まらなくなったことがありました。

空気が乾燥しているせいもあって変な咳が止まらない、そこまでひどくないので病院に行くほどでもない。という中途半端な感じでしたが、日本の花粉症とは少し違う感覚でしたね。

花粉のタイプが違うので、日本の薬はあまり効き目がないとい思うのですが、心配な方は花粉症の薬を持っていくか、現地で買うことをお勧めします。

夏(12月〜2月)

メチャクチャ暑いです!

40度近い日に、日向にいると燃えるので注意してください(笑)

※ウソです。

暑いけど、湿気がなくカラッとした日が多いのが特徴。日本人が憧れる爽やかな夏という感じ。

紫外線が強いとうか太陽がまぶしいのでサングラスは必須です。日本人だとサングラスを普段しない方も多いと思いますが、絶対持って行ってください。あった方がいいです。

他にも日焼け止めクリームはあった方がいいですね。

メルボルンの夏は暑い日が多いですが気まぐれな天気ですし、クールチェンジがあります。

いきなり気温が10度近く下がったりするので、やっぱり長袖はあった方が安心です。

IMG_5413

このように日によって気温差があるのもメルボルンの特徴。

火曜日は38度の予想ですが水曜日は22度まで気温が下がっています。だいたい夜に雨が降ると次の日は気温が下がります。

夜雨が降ったら次の日は要注意です。

昼間は40度近くなりますが、夜は気温下がって過ごしやすいです。20度を下回って肌寒い日もあるくらいなので、カバンに一枚羽織れるものを入れておくのがベスト。

秋(3月〜5月)

秋はあんまり印象にないんですよね^^なんか【あれ?今日あんまり暖かくないな】という日が何日か続いているうちに寒くなってきてもう冬っていう。

秋はすごく短い印象ですね。

服装は長袖やパーカーがあれば十分だと思います。

冬(6月〜8月)

t7rlfc8dh60-lola-guti

メルボルンの冬といえば、雨という印象!とにかく天気が悪いです。

一週間晴れてないないんじゃないの?て思うくらい、曇ってばかりです。

気温だけ見るとそれほど寒いようには思えなくても、体感的には結構寒いので注意が必要。

寒いと言っても日中で10度切るような日はあまりないので、気温で考えると東京の冬の方が全然寒いですがメルボルンは南極が近く、南極から吹く冷たい風
を受けるため体感的には寒く感じます。

ヒートテックは絶対必要です^^

ヒートテック着てパーカーがあればだいたい大丈夫かな。寒い日はユニクロのダウンでもあれば完璧です。

あ、あとグレートオーシャンロードに行かれる方はダウンは必須ですね。

僕は夏しか言ったことないですが、風が常に吹いているような状態でしたので、冬はかなり寒いと思います。しっかり防寒対策はしていかれて方がいいです^^

まとめ

夏でもクールチェンジがあって急に気温が下がることがあるので、長袖は必須。

日差しが強いのでサングラス、日焼けが気になる人は日焼け止めはあった方がいいですね。

秋は長袖にパーカー、ヒートテック上下があれば問題ないです。

冬は秋の服装にプラスしてダウンやネックウォーマがあれば全く心配いりません。

スポンサードリンク