簡単に英語環境が作れる!言語交換サイトとは?

言語交換とは自分が学びたい言語を教えてもらい自分は相手の学びたい言語を教える。

そういった関係を作りお互いに語学力を高めようというこころみです。

あなたは英語を教えてもらい
代わりに日本語を教えてあげる

という感じですね。

海外ではとても一般的な勉強法で
ランゲージエクスチェンジなんて呼ばれていたりします。

スポンサーリンク

そういうサークルがあり参加することで異文化交流を図りながら
言語を学ぶことが出来るんです。

言語交換サイトとは、そういったサークルとは違うのですが、
サイトに登録してその中で、相手を探して交流を図る
というものです。

先ほど言語を教え合うと言いましたが、メッセージのやり取りが中心で
普通の会話がほとんどです。

ぼくもいろいろな人とやり取りをしてきましたが、日本語を教えたことは
ほとんどありません。

単語の意味を聞かれたり、短い文を訳してあげたりする程度です。

あなたが日本語の先生になる必要はないので安心してください。(笑)

しかし、あなたが実際に会ってランゲージエクスチェンジをしたいと
いうなら、そういう相手を探すことも可能です。
あなたの希望に合わせて、相手を見つけることが可能なことも魅力ですね。

英語環境を作ることができる

あなたは普段どれくらい英語を使っていますか?

普段、英語を使うことは、あまりないのではないのでしょうか?

初級者の方は早いうちに英語を使って話す相手を作るということが上達の近道になります。

語学を上達させるには恋人を作るのが一番っていう話をよく聞きますよね?

それは恋人という存在が英語力を上げるわけではなくて、
常に英語を話す相手ができるからなんですね。

だからといってすぐに恋人を作れるわけではないですし、
英語を話す相手を探すというのは、
初級者の方にとってハードルが高いですよね?

外国人が集まるバーに行ったり、
駅で困っている外国人に話かけてみたり、

そういったことを想像する方も多いかと思います。

しかし、そんなことをしなくても言語交換サイトを使えば、
簡単に英語を話す友達を作ることができます。

英語を使う機会がないという状態0だとすると、
この0が1になるということがとても大きな進歩なんですね。

まずはこういったところから英語を使う環境を作ってみてはどうでしょうか?

サイトの使い方

おおまかなサイトの使いかたを説明したいと思います。

基本的にはこのような流れになります。

サイトに登録→自分プロフィールを作成→サイト内のメール機能を使って気になった相手にメッセージを送る
もしくは、メッセージが来るのを待つ

そして相手と連絡を取ることに成功したら
その後は、そのままサイト内にあるメールの機能を利用するか、
LINEなどSNSに移行してやり取りをする形が一般的です。

どのサイトにもそのサイトの中で使えるメール機能があるのですが、
せっかくメールを受信しても気づきにくいというデメリットがあります。

なので連絡を取ることができたらLINEなど、お互いが使いやすいツールに
移行することをオススメします。

何通かサイト内でメッセージのやり取りをしたら

「LINE持ってる?」

などと聞いてみてください。

日本でLINEを知らない人はほとんどいないと思いますが、
世界ではあまり使われていない地域もあります。

そういった方たちはスカイプを使っている方も多いので、

まだアカウントを持っていない方は作っておくといいとですよ。

ぼくはサイトを通じていろいろな方と出会ってきました。
次のページではこういったサイトで友達を作ることになぜメリットがあるのか?
ということを話しています。

⇒ペンパルとメッセージをするときに気をつける3つのポイントへ進む

スポンサードリンク