ペンパルとメッセージをするときに気をつけるポイント

言語交換サイトを利用するときや、ペンパルとメッセージをするときに
覚えておいて欲しいことについてお話しています。

知らない人とやり取りするので、注意しておくことはたくさんあると思いますが、

今回は言語交換・ペンパルサイトを使う上での注意点と英語力を上げるためのポイントについてお話ししたいと思います!

サイト使い編

まずは、サイトの使い方編!
紹介しているサイトはちゃんとしたコミュニティーサイトなので、
そこは安心して使ってほしいのですが、

変な人は必ずいます^^
ぼくもフランス人の男の人から気持悪いこと言われたことありますし(笑)

まあ、男性はあまり不快な思いをすることはないと思います、

むしろどうやったら

金髪美女と仲良くなれるんだーー!!

って感じでしょうかね(笑)

女性の方はいろいろ不安もあると思うので、サイトをつかうときの注意点をまとめてみました。

ラインIDを載せない!

そりゃそうだろ!って話しなんですが、

例えば、ジャパンガイドなどは自己PRをサイトに掲載することができます。

それを見た人があなたにメッセージを送ってくるわけなんですが、
サイト内のメールでやり取りすることになるので、いちいちログインしたりと
手間がかかるわけです。

そこで掲載する自己PRに自分のラインIDを載せると、直接ラインにメッセージを送ってくれるので
やり取りがとても楽なんですね。

当然、相手も楽なのでうまくいけばかなりの人数からメッセージを受けることができます。

男性の方はかなり有効な方法ですが、
これをやると、ゲームの招待やらいろいろ来ます(笑)
とくにタイの方から・・・

ということで、なるべくIDは載せないよにしましょう^^

恋愛目的ではないとはっきり書いておく

interpalsなどは自分がどのような相手を希望しているか、表示させることができます。
自己紹介欄にも恋愛目的ではないことをはっきり書いて、

自分にそういう意思はないよってことをはっきり伝えることも大事です。

近くに住んでいる外国人とは連絡を取らない

これが一番の予防策だと思いますね。
ぼくは実際あって遊んだりすることもありますが、

女性の方で不安な方は、
日本に住んでる人とは連絡を取らないということを徹底してはどうでしょうか?

英語力編

続いて英語力編!!

すぐに翻訳を使わない

せっかくペンパルサイトで友達を見つけても、
翻訳機能ばかり使っている方が結構います。

友人に、ペンパルサイトを勧めたことがあったんですけど、
翻訳機能ばかり使っていると言ってました(笑)

これでは会話ではなくてただのコピーアンドペーストの
作業になってしまいます^^

分からない単語を調べたり、もう一度聞きなおしたりすることで、
英語が身に付いてくるんです

なるべく翻訳機能は使わないようにしましょうね^^

■sorry, I did not get it.Can you say again?
(ごめん、よく分からなかった、もう一度言って?)

もう一度聞いてみてください。
そうすればもっと簡単な言葉で言ってくれます。

聞き返すことができれば、
そのやり取りがまた会話になり勉強になります。

すぐに翻訳機能を使ってしまうと、

なぜ、そう言いたいときは、その英文になるのか?

ということが分からないんですね。

理屈が分からないんです。

だから、応用も利かないし、その場しのぎになってしまうことが多いです。

そして、すぐに翻訳機能を使う習慣がついてしまうと。

英文を見て分からないと思ったときに、
脳が考えることをストップしてしまいます。

わからない単語があれば、まず調べてください。

自分の言いいたいことが、思い浮かばないときも同じです。
すぐに翻訳を使わず、他に言い方はないか考えてみてください。

そもそも現在の翻訳機能は精度が高いとはいえません。
翻訳にかけても、全く伝わらない英語になることも多いです。

仮にあなたが考えた英文と、
翻訳をつかった英文があったとして、

どちらも伝わらない、ことだってあるわけです。
それなら自分で考えてチャレンジしたほうが100倍勉強になりますよ。

ネイティブばかりを選らばない!

「英語なんだからネイティブが一番でしょ!」

って思うかもしれませんが。そうとも限らないんです。

いまや、第二言語として英語を話す人のほうが、
ネイティブスピーカーより多い時代です。

英語を使って一番話す機会が多いのは、
私たちと同じ第二言語として英語を話す人たちなんです。

そもそも、

私たちの目的は英語力を上げることです。

ネイティブスピーカーになることではないですね。

メッセージのやり取りならば、国の違いによるなまりも関係ありません。

英語を使う

といことが一番の目的なんです。

初級者のうちは
自分より英語ができる人なら、誰とメッセージのやり取りをしても
勉強になります。

メッセージのやり取り全てが勉強です。

ネイティブの方だけに絞ることで、
範囲を狭めてしまうのはもったいないことですので
いろいろな国の人とコミュニケーションを取ってみてください。

DAIは最初のころ、少しだけ日本語ができる人を選んでメッセージしていました。

少しと言うところがポイントですね。
あまり日本語がペラペラだと、日本語しか使わなくなってしまいますのでね^^

オススメは台湾やマレーシアなど、アジア圏の人です!
ぼくも一番最初に仲良くなった人は台湾の人でしたね。

今でも連絡とってます。

アジアの人は日本語を勉強している人が多いし、
日本に興味がある人が多いですので、会話も弾みやすいですからね。

最初は日本語を少し話せる人を見つけて会話してみるといいですよ。

失敗を恐れないでどんどんメッセージを送ってみる!

最初はぼくもメッセージするのが恐いと思っていました。

話の流れがわからず、なんて答えていいかもわからず、
「what?」とか言われたときにはもう泣きそうでした。(笑)

でもそこで止めてしまうと、もったいないんですよね。

完壁主義になる必要はないので、
失敗を恐れずにどんどんメッセージを送ってみてください。

そしていろいろな人とメッセージのやり取りをしてみてくださいね。

 さいごに

SNSのおかげで、海外の人とも簡単にコミュニケーションをとることが可能な時代にになりました。
こういったサイトがあることで、英語学習もかなり効率よくできるようになったと思います。

ですが、知らない人とコミュニケーションをとるということは、絶対安全とは言えないわけですね。
利用する際は十分注意してほしいと思います。

とはいってもそこまで神経質になる必要はないと思いますけどね^^

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

スポンサードリンク