英語を英語のまま理解するとはどういうことか?

あなたは、こんな話を聞いたことないですか?

英語を話せるようになるためには、英語で理解する必要がある。

確かにその通りです。

ですが、それがどういったことなのか、あまりピンとこないですよね?

分かりにくい表現ですが、
とても大切なことなので1つずつ解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

「英語で理解する」とはどういうことか?

多くの方が「英語で理解することが重要だ」と聞くと
英英辞典を使ったり、ニュースを見たり、

そういったものをイメージしがちですが、そういうわけではありません。

英語で理解するという事は「英語で情報を取る」ということではないんです。

英語で理解するとは、英語の語順で理解するということなんです。

eigothink

英語の語順で理解する

 

例えば
会話では相手の言っていることを理解しなければいけませんね?

当然、リーディングのように返り読みをしたりすることはできません。
聞いた通りに理解する必用があります。

しかし、正しい語順で理解できなければ、そのようなことはできません。

なぜでしょうか?

それはスピードです。

正しい語順で理解できる人と、そうでない人では
理解するまでの時間に圧倒的に差が出ます。

音を聞き取ることはできても、理解するまでに時間がかかれば、その間にも
会話は進んでいってしまいます。なので結局、話の全体像を掴むことができないんです。

「なんていっているかわからない」
「ネイティブは早すぎて聞き取れない」

このように感じる原因は理解するまでのスピードにあります。

正しい語順で理解できることができれば、理解するスピードが速くなるので、
ネイティブのスピードにもついていくことが、できるようになります。

このように、正しい語順で理解するということはとても大切なんです。

普段から意識して欲しいこと

さて、どのようにすれば、

そのようなことができるようになるのか?

ということですが、普段から意識して欲しいポイントがあるので、
お話したいと思います。

返り読みをしない

私たちはどうしても、しっくり来る日本語に訳そうとしてしまいます。
そのためなかなか返り読みの癖が抜けません。

返り読みの癖が抜けない方は、残念ながら上達が遅い方が多いです。

なので、それを無くす必用があります。

日本語は完璧じゃなくていいんです。
英語の語順に合わせて訳していけば、日本語の語順通りではなくなります。
しかし、その語順のまま理解する練習をすることで、

返り読みをしなくても、理解できるようになるんです。

常に進行方向を意識すること

言葉は常に一方通行です。逆走することはありません。
なので英文を読むときも進行方向を意識することが大事です。

意識の向け方についてはまた改めてお話したいと思いますが、
進行方向を意識すると言うことが大切です。

英文を読むときに、進行方向を意識しながら読むことによって、
頭から理解する癖が付くんですね。

是非、覚えておいてください。

スポンサードリンク