時間を制すものは英語を制す!

時間は有限です。

過ぎた時間を取り戻すことは出来ません。

これはぼくの持論ですが、
限られた時間を有効に使うことが
その先の人生を有意義に過ごす秘訣なんです。

英語学習でも同じですね。

時間をうまく使えばそれだけ上達も早くなります。

スポンサーリンク

時間を確保する

ずはなんといっても学習する時間を確保することですね。

あるデータによると、英語学習を始めて効果が出たと答えた人の勉強時間は
一日平均80分勉強だそうです。

自分のライフスタイルを見直してどうやったら勉強する時間を確保できるか、
見直してみてください。

私たちが普段生活する中で無駄にしている時間が
思っている以上に多いんです。

見たくもないテレビを見ていたら結局最後まで見てしまった

朝起きてごろごろしている時間

Youtubeを見ていたら、止まらなくなってしまった

思いつくだけでも結構あると思います。

そういった時間を極力減らし勉強に当てる習慣をつけてください。

スキマ時間を有効的に使う

忙しい私たちは一日何時間も勉強できるわけではありません。

そこでスキマ時間の活用です。

スキマ時間とは

  • 通勤時間などの移動時間
  • お風呂に入っているとき
  • 家事をしている時

このような時間のことです。

このような時間を有効活用することが出来れば大幅に
勉強時間を確保することができますね。

スキマ時間に合った勉強をする

このような時間というのは手はふさがっているけど、
「耳」と「目」は空いていることが多いんですね。

特に、主婦の方にオススメなのが夕食を作っているときに
自分のお気に入りの映画を見流す勉強法です。

映画は耳だけではなく目も使うのでスキマ時間にする勉強法としてはオススメです。

最近人気のHuluは、
英語字幕に切り替えることが出来る作品も多いので、映画を見ていて気になった単語や言い回しをメモって、
後で調べるようにするとさらに効果的な勉強法になります。

ちなみに、ぼくはドライヤーで髪を乾かしながらシャドーイングしてます。
ドライヤーで髪を乾かしている時間ってちょうどいい長さで
すごく集中できるんですよ。

自分ならではのスキマ時間勉強法を見つけてみてください。

気が向かないときにする勉強法

どんなに気合を入れても、やる気が出ないときってありますよね?

そんなときのために、

何もやる気が起きないときにする勉強法

これをあらかじめ決めておくということです。

「なんだそれ?」

って思うかもしれませんが
これが実はものすごい大切なんです。

なぜかと言うと、
もし何も決めていない場合

勉強しようとする→集中できない→ダラダラしてしまう

こうなってしまうと勉強の質が下がってしまうんです。

結局何もやらずに終わってしまったり・・・

しかし、最初から集中できないときにする勉強法を決めておけば、
気持ちを切り替えて別の勉強が出来るんです。

そして一番問題なのが、怠け癖がついてしまうと、
勉強しようと思ってもスイッチが入らなくなってしまうんですね。

そうならないようにするためにも、
集中できないときにする勉強法をあらかじめ決めておくということは
とても重要なんです。

そのときに、どんな勉強をするか?

ということですが、

単語10個覚えるとか、なるべく負担にならないものがいいですね。
ぼくは単語を使って短い英作文を作ったりしていました。

こんな感じで、全然やる気が出ないとき勉強法を考えてみてください。

多くの方が悩んでいる、勉強を習慣にする方法
しかしあることに意識を向けることで簡単に習慣化することができるんです!

⇒英語学習を習慣化するたった1つの方法へ進む

スポンサードリンク