どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

この本は著書である森沢さんが提唱している瞬間英作文の入門編にあたります。
「わかっている」を「できる」にするというのがこの本の目指しているところで、

簡単な英文をたくさん作ることで英作文の回路が出来上がっていくと、
森沢さんはおっしゃっています。

この本で得られる最大のメリット

「英語を英語で考える」回路が出来る
ということです。

英語で考え、話すということは

英語の回路を作り出す瞬間英作文とは?でお話していますが

言いたいことを日本で思い浮かべ、
それを訳して英文にするのではなくて、
思い浮かべた日本語をもとに英文を作ることなんです。

英語の回路ができる

パズルを組み立てるとき、最初はどのピースがどこに当てはまるかわからないですよね?

しかし同じパズルを10回やったとしたらどうでしょうか?

ピースを見た瞬間それがどこの部分のものなのかわかるかも知れません。

10回もやればそれくらい組み立てるスピードが速くなっていますよね。

それと同じなんです。
英文というパズルを繰り返し組み立てることによって
その組み立てるスピードがあがってきます。

そうすることで

「英語を話す」回路がだんだんできあがっていき、
同時に会話に必用な瞬発力も鍛えることができるんです。

この本は英語を話すための準備運動なんです。

リーディング力が上がる

この本の中で出てくる英文はどれも短くて簡単な単語で構成されています。
なので、文法の構造がとても理解しやすいんです。

簡単な英文を使って繰り返しトレーニングしていくので、
文の構造をしっかり体に落とし込むことができるんですね。

内容は中学校で習う英文法しか出てきません。
part1からpart3に分かれており
それぞれ中学1年レベル、2年レベル、3年レベルとなっています。

ぼくは最初この本でトレーニングしていたとき
part2ぐらいから、わからない文法が出てきました(汗)

「中学時代は英語全く勉強していなかったよ~」

なんて方は途中でわからない文法がでてくるかもしれません。

しかし非常に簡単な英文しかでてこないので、
この際、文法も一緒に勉強しちゃいましょう。

ページの下にもワンポイントアドバイスとして文法の解説が書いてあるので
「こういうことを言いたいときは、この文法を使えばいいんだ!」

と言う感じで1つずつ納得しながら進めていくことができます。

具体的なやり方

左ページに日本語文

右ページに英語がのっているという作りになっています。

まず左ページの日本語文を見る→英作文する→右ページを見て答え合わせ

という流れですね。

このときのポイント二つあります。

声に出して英作文すること。
細かいミスは気にしないこと。

このサイトでは何回も言っていることですが、
声に出すと言うことはとても大切なことです。

頭で考えるだけではなくて、必ず声に出して言うようにしてください。

細かいミスは気にしない

スピーディーに行うことが重要なので、細かいミスは気にしないでください。
細かいミスまで気にしてしまうとスピーディーに文を組み立てることが出来ません。

例えば

  • 冠詞a, an, theなどの間違い
  • 三人称単数”s”のつけ忘れ
  • 現在形や過去形などの間違い

など簡単なミスよりも文の構造を理解してスピーディーに作ることが大切です。

時制の間違いなどは頭ではわかっていても、瞬間英作文をやっていると
間違いやすいものです。

あまり間違いにこだわらずスピーディーに英文をつくること
を心がけてください。

音声でもチャレンジ

この本にはCDが付いていて
本の代わりに音声を使ったトレーニングも出来るようになっています。

日本語⇒空白⇒英語

の順番で音声がながれ、
空白の時間で英作文が出来るようになっています。

空白部分は5秒ほどです。
この時間内に英作文できればベストですが、
出来なくてもあせらず、一度止めてしっかり英作文するようにしましょう。

音声を使って行うため、本を使って行うより難易度は高くなりますが、
スキマ時間を有効に使えるのでぜひ、活用してみてください。

瞬間英作文

瞬間英作文シリーズの入門編。
中学校で習う英文法で構成
文法ごとに10の例文
簡単な単語で作られた例文

初級者の方にもトレーニングしやすい内容になっています。
中学校の文法が不安、中学校の英文法からもう一度やり直したい
と言う方にもオススメです。

スポンサードリンク