英語脳を作り出す瞬間英作文とは?

突然ですが、

次の日本語文を英語にしてみてください。
ゆっくり考えちゃだめですよ!

なるべくスピーディーにやってみてください。

いいですか?

それではいきます。

  1. 彼は医者だ。
  2.  私は今日、勉強するために図書館へ行った。
  3. 私たちが始めて出会った日のこと覚えてる?
  1. He is a doctor.
  2. I went to the libraly to study today.
  3. Do you remember the day when we met for the first time?

どうでしたか?

すぐに英語が浮かんできましたか?

これが瞬間英作文と呼ばれるトレーニング法で、

「短くて簡単な日本語の文を読み(聞く)、それをスピーディーに英語に直す」

とてもシンプルなトレーニング方法です。

英文を組み立てる練習をすることによって

確実な英語力が身につけることができます。

今回は瞬間英作文のついて解説していきます。

個人的に初級者の方はディクテーションとこの瞬間英作文をやっていけば
基礎を固めることが出来ると考えています。

それほど、効果的なトレーニング法なんです!

ディクテーションとは音声を聞き、その音声を聞こえた通りに書き取っていくトレーニングです。音を集中して聴くためリスニング力がアップします。詳しい説明はリスニング力の基盤を作る!ディクテーションとは?をご覧ください。

瞬間英作文で英語脳を作る

最近良く耳にする「英語脳」という言葉

あなたもよく耳にするのではないでしょうか?

そもそも英語脳とは何なのか?

ご説明したいと思います。

英語脳とは、英語で考え、英語を組み立てることができる脳のことです。

上級者になればなるほど
日本語で考えなくても、英語を理解し、使うことが出来るようになっていきます

それは、
英語の回路ができあがっているからです。

私たちは長年、学校教育で英語を勉強してきましたが、
話すことが出来ません。

ある機関が調査した世界の英語力ランキングで、日本は先進国であるのにも
関わらず30位という喜ばしくない結果も出ています。

つまり、英語を話せるようになるには、机に向かって勉強するだけではなく
話すために、しなければいけないことがある、ということです。

それが、英語を組み立てる力をつけるということなんです。

瞬間英作文を行うメリット

瞬間英作文を行うことで英語の回路を作ることが出来ます!
英語の回路というのは、英語を組み立てる力のことですね。

「この力をつける勉強法は瞬間英作文しかないのでは?」

と思うぐらい、非常に効果的な勉強法なんです!

英会話というのはパズルのようなものです。

日本語と英語では文の構造が違いますので、
日本語で考えたものを英語に直すという作業は、

パズルを組み立てるようなものなんです!

英文を瞬時に作るトレーニングをすることで、
パズルを組み立てるスピードが上がっていきます。

そうすることで、英語の回路が出来上がっていくんです!

英語を「訳す」から「組み立てる」へ

初級者の方にとって最初の壁となるのが、

「自分の言いたいことを英語で考える」

ということです。

中級者の方でも

「英文は読めるし、リスニングもある程度できる、
でも言いたいことが言えない」

そう悩んでいる方は多いです。

実は、そういった人たちにはある共通点があります。

それは、

英語訳を考えてしまう」ということ。

thinksyunkan

それではいったいどういうことかというと・・・

thinksyunkan2

これが「英語の回路」なんです。

「訳す」という思考回路では
いつまでたっても話せるようになりません。

英語の回路を作るには、

「日本語を英語に訳す」から「日本語をもとに英文を作る」

という風に頭を切り替えなければいけません。

もし思うように話せないと思っているなら
「英語に訳そう」と考えてしまっているのかも知れませんね。

瞬間英作文で英語を組み立てる力をつけて
自由自在に英語を操れるようになりましょう!

まとめ

  • 瞬間英作文で英語の回路(文を組み立てる力)をつけることが出来る
  • 「訳す」から「組み立てる」へ

 

P.S.
ぼくが最初にブレイクスルーを体験したのもこの勉強法でした!
自分でも英語を操れている感覚がありましたね。うまく説明できないですが・・・(笑)
なので、初心者の方や勉強は続けているけど、思うように英語力が伸びていない方には
オススメのトレーニングです!

 

スポンサードリンク