シャドーイングで発音、リスニング力を鍛える!

シャドーイングとは同時通訳者の方も行っているトレーニング法で、
音声を聞きながらその後を追うようにして発声していくトレーニング法です。

影のように音声の後を追っていくのでシャドーイングと呼ばれています。

Hi Good morning How are you?(音声)

Hi Good morning How are How are you?(発声)

スポンサーリンク

このような感じですね。

カエルの歌を思い浮かべてもらえるとわかりやすいと思います。

このトレーニング法、初心者には難易度が高いと言われており、
敬遠する方も多いんです、

しかし、正しくやれば初心者の方でも
非常に効果的な学習法になります。

これはぼくの個人的な意見ですが、ある程度英語が話せるレベルになったときに、
全然ジャパニーズ・イングリッシュが抜けない人と、

ネイティブの発音に近づいている人では、その後の英語力の伸び方に圧倒的な差が出ます。

なので、初級者のうちから発音の練習をしておくことはとても重要なんです。

シャドーイングの効果

発音が上達する、英語のリズム、イントネーションが鍛えられる

シャドーイングというのはモノマネなんです。

正しい発音を真似をするから、

自分の発音を正しい発音に近づけていくことができるんです。

英語は日本語とは発音もリズムも全く違う言語なんです。

こういったものを身につけるには、シャドーイングをして自分の口から出すということが、
一番いい方法なんですね。

ここで質問なんですが、
あなたはカラオケで歌いたい歌を覚えるときどうしますか?

歌詞を見たり、何回も聞くことはもちろんですが、

実際歌ってみますよね?

お風呂に入っているときに歌ってみたり、
鼻歌でうたってみたり、すると思います。

英語も同じで発音を上達させるには、実際に口を動かして、
繰り返し声に出すということが非常に重要なんです。

リスニング力が上がる

英語は日本語と違い短く発音される音や、小さく発音される音がとても多いです。
こういったところは私たち日本人が聞き取りにくいところなんですね。

しかしそういった音を自分の口から発音することによって
体で覚えることができるんです。

そうすると、今までよくわからない「音」でしかなかったものが、
「言語」と認識するようになるんですね。

なのでシャドーイング行いそういった音を増やすことで、
リスニング力も上がっていくというわけなんです。

シャドーイングを行うときに気をつける3つのポイント

2016.12.07

スポンサードリンク