英会話初心者に伝えたい3つのこと

初級者の方に最初にお伝えしたいのは・・・

英語は誰でも習得できるものだという事です。

ぼくのプロフィールを見ていただいた方はわかると思いますが、

ぼくは英語が本当に苦手でした。

高校生のときは英語の成績が原因で留年の危機に立たされた事もあります。

そんなぼくでも、今では日常会話なら全く問題ないほどの英語力を
身につける事が出来ました。

なのでぼくがあなたに言いたいことは、

スポンサーリンク

英語を話すことが特別な能力だと思わないで欲しいということです。

確かに日本語と英語には構造的に大きな違いがあり、
一筋縄ではいかないです。

「3分でネイティブの英語が聞き取れるようになる」

「聞き流せば、自然にしゃべれるようになる」

そんなことはありません。

英語をものにするには膨大な時間がかかります。

しかし、学習を続ければ誰でも英語は話せます。

あくまで言葉であると言うこと、
そして、誰にでも習得できるものだと言うことを、

忘れないでください。

苦手意識を捨てる

日本人のほとんどは方は、
英語に対して苦手意識を持っているのではないでしょうか?

ぼくもそうでした。

もし学生時代英語に対して苦手意識を持ってなかったら、
赤点をとって留年の危機に立たされることは
なかったかもしれません。(笑)

せっかく勉強を始めても

  • 英語って難しい
  • 本当に喋れるようになるのだろうか?

などと思う方もいるかと思います。

始めのうちは成果もあまり実感できず
そのように思ってしまうかもしれませんね。

しかし、私たちが苦手意識を持つ原因のひとつとして

英語をスキルと考えている

ということがいえるんです。

英語が話せる人は、

特別で別次元の人だと思っていませんか?

決してそんな事はありません。

英語はコミュニケーションの手段なんです。

言葉ですからね。

あなたのお知り合いの方で英語を話せる方はいますか?

きっとあなたが思い浮かべている方も
見えないところで努力を重ね英語をものにしたのです。

何回も失敗したり、悔しい思いをしたりしたからこそ
英語をものにすることが出来たんです。

英語は言葉です。

コミュニケーションの取るための手段です。

勉強すれば誰でも身につけることができます。

私達の脳はもともと複数の言語に対応できるようになっています。
なので、

英語をスキルと捉えていると、なかなか苦手意識を捨てる
ことができません。

レベルの高いものを求めればそれなりに時間もかかります。

しかし、勉強すればするほど、英語力は上がっていきますので、

まずは、英語はコミュニケーションの道具だという認識を持つようにしてください。

完璧主義者にならない

perfect-926268_1920
厄介なことに私たちは英語のことになると
なぜか完璧主義者になってしまうということなんです。

私たち日本人は正しい英語で話さないと恥ずかしいと、
思ってしまうんです。

なので正しい文法や綺麗な発音を意識しすぎてしまうんですね。

英語を学習していく上で自分からアウトプットしていくと言うことは
大事なことです。

しかし完璧主義になってしまうことで、
アクションを起こすことにブレーキをかけてしまいます。

自らアウトプットする機会を減らしてしまうことになるんですね。

「もうちょっと勉強してから」

などと言って、
言い訳してしまうんです。

「できるようになってから」

と言っているうちは
いつまでたっても、できるようにはならないです。

こういう思考は英語を勉強する上で大きな妨げになってしまいます。
ものすごくもったいないことです。

僕は日本語を勉強している海外の方を何人も知っていますが、

彼らに共通していることは、正しくない日本語でも
精一杯伝えようとするところです。
彼らとって正しい日本語で話せるかどうかは重要ではないんですね。

こういった意識を持つことは、日本で長く暮らしている私たちにとっては
難しいことかもしれません。

  • こんな英語で話してどんな風に思われてるんだろう?
  • これで合ってるかな?

ぼくも実際こんな風に思っていました。

しかし、こういったマインドというのは必ず英語学習の妨げになるので
すこしづつ意識を変えるように心がけてください。

意識することが大切です。
意識することで少しづつ変わっていきます。

音速の壁を越えろ

最後にもう1つだけお伝えしたいことがあります。

ショーンKさんという経営コンサルタントの方がおしゃっていました。

音速の壁を越を超えろ!

どういうことかというと、
物体が音速を越えようとするときものすごい衝撃が発生します。
その衝撃が音速の壁ですね。

その衝撃を越えないと音速の世界にはたどり着けないんです。

多くの人があと一歩でその壁を越えられるのに、その衝撃に耐え切れずやめてしまう。
もしくは、自らその壁をこえることを止めてしまう。

そこを突き抜ければ新しい世界が待っているのに、

「もう無理かなぁ」

と思ってその手前で諦めてしまうと。

ショーンKさんはビジネスに例えられていましたが
それを聞いて英語も同じだと感じました。

小さい成果を積み上げていけば英語はしゃべれるようになります。
途中で投げ出さず、継続的に学習すれば英語はしゃべれるようになります。

今できることからすこしづつ行動してください。

DAIがオススメする勉強法はこちら

英語が全然聞き取れない、一瞬英語かどうかもわからないときがある・・・そんな状況を打開するとっておきの勉強法!

⇒リスニング力の基盤を作る!ディクテーションとはへ進む

英語力が上がれば、流暢な英語が話せると思っていませんか?残念ながら、そんなことないんです。発音力、リスニング力を鍛えるトレーニング法!

⇒シャドーイングで発音、リスニングを鍛えるへ進む

スポンサードリンク