忘却曲線に打ち勝て!!効率的に単語を覚える3つの秘訣!!

こんにちは!

単語を覚えるのって大変ですよね^^

ぼくも正直、英単語を覚えるのが苦手で、
いろいろな方法を試しました^^

そんな経験から、効率よく単語を覚える秘訣についてお話したいと思います。

ボキャブラリーを増やすには時間もかかりますし、
根気がいる作業になりますが、

少しでも楽に、効率よく覚える方法はあるので、参考にしてみてください。

お役に立てれば幸いです。

1回で覚えようとしない!!

英単語を覚えるときに、

どうしても、「忘れないような覚え方や方法」

というものを求めてしまうんですよね。

しかし、残念なことに人間の記憶というのは忘れるようにできいます。

いろんな英語学習サイトで紹介されているので、既にご存知かもしれませんが、

忘却曲線というものがあります。ドイツの心理学者、エビングハウスが唱えたもので、
人間は記憶した情報を20分後には42%、1日後にはなんと26%も忘れているんです!!

それにしても、20分後には半分近く忘れているって・・・ちょっと驚きですね(笑)

あ、これは別に覚えなくていいです、がんばって詰め込んだところで、これだけ忘れるんだよ
ってことです。

1日10個、確実に覚えようとするのではなくて、

1日50個、まず頭に入れる

次の日にその50個を復習するといったようにすると
効率よく、覚えることができるんです。

絵の具を何回も上から重ねて徐々に色をつけていくイメージですね。

さて、ここからは抑えて欲しいポイントについてお話していきましょう!

印象に残す!!

attack-1

人間の記憶は印象に残らないものはどんどん忘れていきます。

この画像、目に留まりませんでしたか?
なかなかインパクトがある画像ですよね?

進撃の巨人にでてきてそうです(笑)

印象に残ったものというのは忘れないんです。

よく言われている

  • イメージで覚えろ!
  • 五感を使え!!

というのは脳に印象付ける手段なんですね。

とはいっても、「イメージで覚えろ」とか「五感を使え」
なんて言われてもピンとこないと思うので、

一番確実な方法をお教えしましょう!

発音を確認!音読する!

単語を覚えるときは必ず発音を確認して、音読する。

発音が分からない単語は
覚えることができないんですね。

スペル、意味、発音

この3つがそろって初めて脳は英単語だと認識します。

あなたにとって必用な情報だと認識してくれるわけです。

不思議なもので、音読した単語ってどんな意味だったから思い出せなくても、
なんか印象に残ってるんですよね、

あれ、こんな単語あったっけ?

って思うことが減ってきます。

「めんどーだな」

と思っても、とりあえず口から出す!

インプットしたら、必ずアウトプットする!!

単語が身につかない人の特徴として、インプットして終わってしまっていること。

インプットしたものを、アウトプットしていかないと、
なかなか単語は身に付きません。

オススメのやり方は、

先ほどお話した音読する方法と
自分なりに例文を作ってみること。

例を出してみますね。

■made up of「~からなる」

このまま覚えようとしても、
使い方がわからないので、なかなか覚えられません。

■The team is made up of 20 surgeons

(そのチームは20人の外科医から成り立っている)

こんな感じで一度例文を自分なりに考えて、
英文を作ってみると、単語の使い方も分かるので、頭にスッと入ってきますよ!

  • 「こんな場面で使えそうだな・・・?」
  • 「こんな風にもいえるかな・・・?」

どのような場面で使えるか、考えてみるとさらにGOODですね!

あ、ちなみにさっきの例文はワンピースに出てくるイッシー20をイメージしてみました。
マイナーですが、分かってくれる人は分かってくれると・・・思います・・・笑

反復練習を必ずする!!

work2

反復練習なしに英単語を身につけることはできませんね
単語を身につけることは根気がいる作業です。

最初にも少しお話しましたが、

1日10個を確実に覚えようとするより、

1日50個頭に入れ、
繰り返し何度も反復練習するほうが効果的です。

  1. 「1日30個」など目標を決める。
  2. 次の日にもう一度見直す、
    このときに覚えていな単語をピックアップする。
  3. ピックアップした単語をスキマ時間に覚える

こんな要領でやっていくと、いいのではないかと思います。

ぼくはIphoneアプリ、Evernoteを使って、覚えられない単語リストを作り、
移動時間や空いている時間に、見れるようにしています。

地味な作業ではありますが、確実な方法です。

パソコンの画面の横など、常に目にするところに張ってという方法も
かなりオススメですよ。

単語が身に付いてきたサインを見逃すな!!

最後にかなり個人的にですが、新しい単語が身に付いてきているなと
感じるサインについてお話したいと思います。

個人的な話なので、参考になれば幸いです。

2つあって、1つは
英語を聞いていて妙に、はっきり聞こえる単語があったりするんです。

他の部分はあまり聞こえてないのに、一部分の単語だけ
はっきり聞こえるんです。

確認してみると、
「勉強したばかりの単語だった」

ということが勉強を始めて間もないころ、よくありました。

ぼくは勝手にボキャブラリーが増えきているサインだと思っています。

もう1つは
「あーこの単語どっかで見たな・・・え~となんだっけ」

こんな風に思った時です!!

このような単語はもう少しで身につけることができる単語です!

後一押し!!
このときに必ず調べてください!!

ここでそのままにして置くと、そのまま忘れます。

「あーーーそうそう!」

ってなった瞬間が一番インプットされる瞬間ですからね!

このようなことを体験したら、単語が身に付いている証拠ですので、
悩まず学習を続けて欲しいと思います。

いかがだったでしょうか?

単語を身につけることは簡単ではありませんが、
効率よく、覚えるということは可能です。

単語は忘れるものだと思っておく、

そして、なるべく印象に残るように、
音読したり、例文を作って、単語の使い方と一緒に覚えるようにすると、

一見効率が悪いように見えますが、
長く見れば、少ない労力で、たくさんの単語を身につけることができます。

あとは自分のやり易い、やり方にアレンジしてみてくださいね!

スポンサードリンク